FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016_01
01
(Fri)12:22

2016年のピアノ&リトミック 

明けましておめでとうございます。

皆様にとりまして素晴らしい一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

レッスンはリトミックもピアノも1月5日からスタート致します。


しっかり英気を養って新年のレッスンに当たります。

昨年同様、よろしくお願い申し上げます。


<ナオコリトミックについて>
ナオコリトミック・シューレのリトミックは、ピアノ教育に直結した内容になっております。

ピアノの鍵盤を押す力がない乳幼児にピアノを教えることは出来ないからといって指の関節が強くなるのを待っていては【脳の黄金期】を無駄にしてしまいます。

<脳の黄金期>とは音から得た情報をたとえ睡眠中であっても脳の奥深くに取り込み記憶。そして様々な力に発展させる能力を持つ時期の事で、脳科学者の見解では0歳~3歳児限定の能力だそうです。
これは胎児の時に持っていた能力の残存だそうですが、やがて左脳が発達し、識字能力などが著しく伸びてきた頃に消滅してしまうという、なんとも<はかない力>でもあるそうです。


その<はかない力>をしっかり形に残すのがナオコリトミックです。

<ナオコリトミック>はリトミックの創始者であるダルクローズ先生の指導内容を元にピアノ教育に直結した内容となっており、
さらに音楽教育にとどまらず、運動能力・パフォーマンス力・記憶力・言語力などのあらゆる感性に良い刺激を与え育てていきます。


0~3歳児までにナオコリトミックで培った音感・リズム感は、やがてお子様がピアノ教育に進まれた時の大きな力となるでしょう。

新生児~乳幼児に習いごとなんてはやすぎない?とお母様が迷っておられる間に<はかない脳の黄金期>が終わってしまいます!
まずはナオコリトミックのレッスンをご体験ください。


<リトミック講師として活動されたい先生へ>

ナオコオリジナルリトミックのメソッドをご指導させていただきます。


音楽大学・短期大学の音楽教育科・声楽科・器学学科ピアノ科卒業証明証をご持参ください。
先生方のお住まいの地域でぜひ多くのお子様方にリトミックの指導を展開され、ピアノ教育に役立ててください。

ただ今、ご予約順にご相談に応じております。
ご紹介状をお持ちの方は備考欄にその旨ご記入ください。
詳しくは当教室までお問い合わせください。


<ピアノレッスンについて>

幼稚園生~小学生低学年のお子様の保護者様には、その日のレッスンのポイントや1週間の課題をお家でどのようにお母様がかかわってあげたらよいか、あるいはかかわらなくて良いから見守るように…などなどお一人ずつお子様のご様子に応じてアドバイスをさせていただいております。レッスンノートもご活用ください。
お子様、指導者(私)、保護者様のトライアングルで仲良く楽しくピアノのレッスンを進めて参りましょう。

そして中高生の生徒さんたち、ご両親様には秘密にしてあげますので、これからも何でも相談に乗りますよ~。
試験期間中はレッスン室でリーディングのお手伝いをしますから、練習が不十分でもとにかく休まないこと。
(案外中高生が私のブログを見てくださっているので、ショートメッセージ、送っちゃいます!)

♪ピアノレッスンの受講は【ナオコリトミック・シューレ】のご卒会生のみ、承っております。
また幼稚園リトミックからピアノレッスンに移行されたい方はあらかじめご相談・ご予約をお願いたします。


それでは皆様、2016年も音を楽しむ日々を共に送りましょう。
リトミック・ピアノのレッスンでお会いするのを楽しみにしております。(近藤直子)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。