FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016_10
07
(Fri)19:02

ホームページ、リニューアルについて(近藤直子) 

毎年の傾向として、幼稚園ご入園の為、3月に【乳幼児リトミック】をご卒会される方が全体の受講生の約20パーセントおられますが、
夏休みや運動会を終えた秋から、また少しずつ受講生が増え始め、年間の中では毎年1月~2月が受講数ピークとなります。

~と申しましても現場に立つ指導者は私一人なので、無理なく楽しく出来る範囲でと心得ておりまして、
こちらのホームページ以外、特に宣伝もせず自然の流れに任せております。


2009年に初めてホームページを開設して以来、折に触れリニューアルをして参りましたが、このたびホームページ制作者の方からのご提案で【スマートフォン版のホームページ】に転換することになり、今準備中です。
年内完成を目指しておりますが、はたして間に合うでしょうか?

…ということで、改めて【受講生の声】を募集しております。
よろしければ画像とメッセージを私までお願いたします。

実は2016年1月から取りかかったものの、途中、コンサートの準備などに追われ、作業が中断しておりました。
以前、【受講生の声】を下さった方にはいまだにウエブ上に反映されておらず、本当に申し訳ないことです。ごめんなさい。
今度こそ頑張ります!!!


ホームページを検索してくださった方が【リトミック】に興味を持ってくださり、私のお教室で<音楽教育の初めの一歩を踏み出そう!>と思って頂けるようなホームページになったら良いなと思います。

20年前にリトミック教室を立ち上げた当初は「リトミックって何?」という世間の風の中でコツコツとやり始め、
10年経った頃から少しずつ岡山で<リトミック>の認識度が高くなり、
そして今ではリトミック講師もにわかに増えて参りました。


10年間ほど大学の幼児教育学部で、<リトミックとは何か?>、<リトミックで何を子供に伝えるか>などをテーマに、将来、幼児教育・音楽教育の現場に携わるであろう学生たちに指導して参りましたが、

一番私が力を割き苦労したことは、『自分で指導カリキュラムを作成する力の養成』でした。

ピアノを弾いたり歌ったりすることは専門的な知識と力により出来ても、創意工夫をしてオリジナリティに富んだ教育カリキュラムを作るには、
『子供の持つ無限大の力を信じる心』が指導者側に必要です。


私自身、赤ちゃんの持つ無限大の力と可能性を確信し、日々、リトミックの現場に立たせていただいております!

その確信が形(成果)になっているからこそ20年間続けてこられたのですね。


もう一つお伝えしたいのは、「音楽は遺伝ではなく教育」ということです。


パパとママがピアノが弾けるとか弾けないとか、歌が上手いとか音痴とかは子供の力に関係ありません。



そしてお子様の音楽教育は、赤ちゃん時代からスタートしているという認識を持っていただきたい・・・。

そんな願いを込めてホームページを一新したいと思いますので、皆様ご協力をお願いたします。


完成まで、しばしお待ちください。(近藤直子)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。